【公式】天城ハイランド住民自治会ホームページが公開されました
弊社からのメールが届かないお客様

LIFULL HOME'Sや、弊社ホームページのお問い合わせより、毎日多くのお問い合わせを頂き誠にありがとうございます。昨今、dococmo、au、softbank等の携帯電話会社のメールアドレスをご利用のお客様への返信がエラーとなってしまうケースが多発しております。
弊社からの返信が届いていないお客様は受信設定を今一度ご確認頂き、お手数ですが再度お問い合わせください。

TEL 0557-23-4445

今すぐ問い合わせる

6月17日の不知沼の池

この記事は約1分で読めます。

いつもこの田舎暮らしの伊豆日記、熱心にご覧になられていらっしゃるMさん。池への山道はどんなところですかってご質問のご参考に、池手前の吊橋付近の写真です。

池はこの橋から山道を約100m登るだけですから、ここまで来れば急に元気になる場所です。ついで?にほかの読者にもサービスしようと、メールでMさんにお送りしないで、ここに掲載しました。

吊橋です。

美しいせせらぎ、と言いたいところですが、足元の渓流には太い倒木がゴロゴロ転がっていて、大雨のときのすさまじさが想像できます。

林道の駐車場から約10分。池に着きました。さて、今日のカエルさんはどんな様子でしょうか。

池

残念。

晴天のせいでしょうか、カエル鳴き声はまばらで、ときおりケロケロって聞こえるだけです。木の幹に上っているカエルはいません。

卵の数はおよそ100個くらいでしょうか。先日より確実に増えてはいますが、あの大狂乱状態には程遠く、今年は見られないかも知れないと少し気落ちしました。

一ヶ所に、何匹ものメスが産卵してバスケットボールくらいの大きさになった卵です。

まあ、自ら新天地の枝先を探すより、仲間がすでに産卵している足場の良い卵の隣のほうが手間はかかりませんやね。これって一体何匹分なんでしょうか?

コメント