【公式】天城ハイランド住民自治会ホームページが公開されました
弊社からのメールが届かないお客様

LIFULL HOME'Sや、弊社ホームページのお問い合わせより、毎日多くのお問い合わせを頂き誠にありがとうございます。昨今、dococmo、au、softbank等の携帯電話会社のメールアドレスをご利用のお客様への返信がエラーとなってしまうケースが多発しております。
弊社からの返信が届いていないお客様は受信設定を今一度ご確認頂き、お手数ですが再度お問い合わせください。

TEL 0557-23-4445

今すぐ問い合わせる

伊豆山の神輿下り

この記事は約1分で読めます。
伊豆山神社の神輿

4月15日は、伊豆山神社の例大祭です。祭りのハイライトは、神輿が800段以上もの階段を下る発御祭です。市のパンフには、「勇壮!」「一気に!」とか、勇ましい語句が賑やかに並んでいます。

伊豆山神社の神輿は、毎年この日しか見ることが出来ません。(普通は神社の神輿は、社の中で展示されているのが多いですよね。)そこで、「関八州総鎮護」なんて文句にも期待して、さぞや立派な神輿だろうと、自称神輿気違いの私は見物に出かけました。

伊豆山神社の神輿下り

なるほど、小ぶりですが手の込んだ良い細工です。しかし、残念ながら年代ものでは無いようです。胴を細くして、その分屋根を大きく張り出して見せるスタイルは、三社あたりのいなせな江戸風です。

担ぎ手が、白い直垂を着て、掛け声も「わっしょい、わっしょい」と正当派?なんで妙に感心しました。近頃の見苦しい神輿同好会やらの「せや、せや」なんかと違い、とっても爽やかに聞こえました。

でも、800段はとても「一気」になんか下りられず、担ぎもしないおっさんが、「そりゃー、声が小さい!」なんて吼えても、はあはあぜいぜい、メタボ予備軍のおじさんたちは、とってもかわいそうでした…。

コメント