伊豆の暮らし事例集

いきなり、伊豆で田舎暮らしを始めるより、まず、伊豆に不動産を買っておいて、じっくり、これからのことを考えてみるのも良いかも。リゾートするか、永住するか、家族は?お金は?考えることって、これからの人生設計そのものですね。

松本英雄さん(野菜作り、山菜取り名人)

松本英雄さん
松本英雄さん

11年前に、会社を辞めて、神奈川県相模原市から移住。土地は15年くらい前に買っておいて、始めの頃は緑地さんからプレハブの小さな家を譲って戴き、リゾートをしていましたが、移住を機に今の家を建てました。以前から畑作りにあこがれていましたので、早速始めたのですが、予想もしなかった難問に?なんと、せっかくの作物が、猪や鹿などの野生動物に食べられることが多いのです。
「収穫の半分は、猪や鹿の取り分。残りは、近所に配っていますよ、ワッハッハ。」と笑う松本さん。初めて畑作りを始める人は、希望すれば、松本さんから、親切に指導して戴けるそうで、天城ハイランドには、既に何人かの「弟子」がいるようです。春には、山菜取りも、実地で指導してもらえるとか。

八切義弘さん(宮大工名人)

八切義弘さん
八切義弘さん

 

12~3年前に、土地を買っていましたが、その後、暇をみては3年がかりで、(当然ですが)自分で家を建てました。今でも、現職の宮大工で、弟子などから、難しい現場を頼まれることも多いそうです。「木にこだわりましたね。例えば、水周りは檜の10インチ材、壁には桐材といったようにね。自分へのご褒美だと思って、かねてからやってみたいと思っていたことを実現させました。」と、満足そうな八切さん。居間の真中に、デンと威張って座っている「だるまストーブ」が印象的でした。

山本洋司さん(イルミネーション名人)

山本洋司さん
山本洋司さん

山本さんは、退職前は東京で郵便局長さん。3年前に、以前の持主からこのログハウスを買って、アイルランド生まれの奥様と、犬4頭、猫10匹の「大家族」で移住されて来ました。ログハウスを飾る見事なイルミネーションは、コンクールで入賞されたご主人ご自慢の力作だそうです。なんと!猫様のためには、専用のミニログハウスまで建てられています。毎日が、犬猫(散歩をする猫もいるそうです。)の散歩や、お世話で大忙し。幸い、家の外は全部自然の森林。散歩の場所選びには不自由しません。「一度、遊びにいらっしゃい。夜は、暖炉の前に、人間と犬猫が仲良く寄り集まって、それは賑やかなもんですよ。」とのこと。ちなみに、奥様は、横浜のフェリス女学院の英語の先生。朝夕、ご主人が、片瀬白田の駅まで送迎されているそうです。

天城ハイランドの物件を見る

伊豆での暮らし へ戻る